Blenderテクスチャの適用

blender-texture-apply.png

現在、どのオブジェクトにどのマテリアルが適用されているか?の確認

この画面で確認できます。
matconfirm.png soramaterialに2つのテクスチャが貼られている、ということになります

Emptyオブジェクトでテクスチャの貼る位置を柔軟に調整する!

  1. Shift+AでEmpty Objectを追加。どれでもいいけどわかりやすくPlain Axisにする
  2. 貼りたい対象オブジェクトの頂点を三つ選択する
  3. Ctrl+Pで親子関係を作成する。
  4. オブジェクトにテクスチャをセットする
  5. マッピングをObjectにして対象オブジェクトをEmptyオブジェクトにする
mapping.png
するとEmptyオブジェクトを拡大すると貼られたテクスチャが拡大する。
Emptyオブジェクトを平行移動させると貼られたテクスチャも平行移動する。
まとめ

Emptyオブジェクトを使えば、貼り付け対象メッシュを一切変形することなく、テクスチャの位置や大きさを自由に変えることができる。

Emptyオブジェクトによって調整したテクスチャはF12のレンダリングモードでのみ反映させるので注意

サポートサイト Wikidot.com