Blenderで自作シェーダの実験

最終更新日18 May 2017 11:55

シェーダの開発だけに集中したいならば、Blenderでできたらいいなと思った。

やり方

大きく分けて2通りあります

  1. pythonを使う方法
  2. Blender CyclesエンジンでScriptノードを使う方法(OSL Open Shading Language)

2.についてはscript nodeのページで、
このページではpythonを使う方法について記述します。
やってみた感想としては、pythonだと文字列の中にシェーダを書かないといけないのがしんどくて挫折しました。

pythonを使う方法

まずBlender内でText Editorってやつを開かないといけないらしい。
このアイコンのやつがText Editorのようだ
textediror.png
頂点にx,y,z以外の特殊なアトリビュートを入れるには??とちょっと心配だが
Text Editorモードになったときのメニュー
textmode.png
ここにシェーダコードを含んだpythonスクリプトを書きます。
そして、ターゲットとなる3Dオブジェクトが選択されている状態でLogic Editorメニューを選びます
logiceditor.png
lmenu.png
次にAdd Sensorと書いてあるところからAlwaysを選びます
always.png
そのあとControllersで自分がさっきText Editorで作ったScriptを指定します
そして接続します
connect.png
そのあと3DViewに戻ります(3Dオブジェクトが見える状態)
そして、右側のメニューでstartを押すと、自分の作ったシェーダが反映されます!
start.png
こんな風にText Editorが下の状態で作業するとやりやすそうですね
full.png
このTextEditorは日本語は書けない様子。。。残念

shader


files

サポートサイト Wikidot.com shader