Blenderでのモデリングをやってみよう1..下絵から胴体作成まで

blender-modeling-hands-on.png

画面を分割して作業しやすくする

画面右上のマークをクリックしてひっぱると画面が分割できます。
1 フロントビュー
3 レフトサイドビュー
Ctrl+3 ライトサイドビュー

ガイドになる絵を設置する

ガイドになる絵の描き方で注意すべきことはこのページをご参照下さい
3DView上でNを押す、あるいは画面右上ののボタンを押すと「プロパティパネル(Properties Shelf)」が出てくるので、

View->Background Imagesにチェックを入れて、Add Imageボタンを押します。

bgimg.png
こんなかんじ
sora-back.png 注! 左の図では失敗してます^^;下絵で側面の絵を用意するとき、頭が左側にするべきでした。。
という風に下絵の時点で失敗してもFlip H(flip horizontal)をチェックすれば左右反転することができます
絵を反転させたくない場合はCtrl+3でLeft Orthoつまり左側面図にすることができます。
下絵の平行移動もできます

今回使用した下絵

下絵が表示されない!場合

※但し、この下絵の配置方法だと、視点が「平行投影(Orthographic)」の時のみにしか表示されないことに注意してください。
透視投影モードだと絵は出てきません。
透視投影と平行投影はテンキーの5で切り替えられます。
現在透視投影なのか、平行投影なのかは画面左上の方に白い文字で描いてあります、
Perspeだったら透視投影、Orthoだったら平行投影です。
平行投影だと画面にグリッドが見えます

Planeからモデリングスタート

まずはデフォルトで用意されている立方体オブジェクトだと作りにくいので、delかXで削除します。
Shift+Cで3Dカーソルを中心に持ってきて、
Shift+Aで新たなオブジェクトを追加(Add)。
MeshのPlaneを選択します。
初期状態はこのように
plane-default.png
planeはxy平面上に寝てしまっているので、
回転を使います。

R→X→90を入力→Enter

でplaneをX軸方向に90度回転(Rotate)させます。
rotated_plane.png

自動で左右対称になるMirror Modifierを設定する

remove-half.png さらに、Mirror Modifierをつける前に、Mirror Modifierをつける対象をちゃんと選択しないとなりません。
左の図のような状態だったらAでオブジェクトを全選択(All)しましょう。
その後、Mirror Modifierを適用します。
clipping.png ミラー接合面が裂けたり、重なったりしないように、Clippingをチェックしましょう
Mirro Modifierをつける対象が真ん中線をまたいだ状態で始めても構いません。
その場合はMirror Modifierを追加してClippingをONした後、板を左右に平行移動して調節すればokです。

Grab 掴んで Extrude 押し出す

頂点を選択して
押し出しはEキー。頂点か辺か面を選択して、押し出すことができます。
マウスを動かした方向に押し出されて、左クリックで確定です。
E+X/Y/Z押し出しも方向固定ができます。

GrabとExtrudeの違い

Grabだとそのままメッシュを変形させる。頂点数は増えません。
Extrudeだと頂点数が増えます

とりあえずZ,Y平面にExtrude面を作ってみる

Mirror Modifierつけた状態で辺をExtrudeして体の側面のもとになるようなものをつくってみました
extruded.png
斜めから見るとこんな状態になっています。
perspzy.png

違う角度からExtrudeして体を1周するようにつなげる

FrontViewからX方向にExtrudeします
x-extrude.png
Mirror Modifierの境目を繋げることになります。ちょうどぴったりになるようにマウスで慎重に合わせるひつようはなく、
左方向にグーッと引っ張ってしまえば自動でぴったりの継ぎ目になります。
box.png

次にループ分割を使って体に丸みをもたせる

ループ分割
とりあえず真ん中にループを持ってくる
centerloop.png
ループが選択された状態でSキーを押して拡大縮小します。
Xキーを押して拡大縮小方向をX軸だけに固定します
sx.png
意図せぬ場所が膨らんでしまったのでGrabを発動させるGキー+Xで点を右に移動させます
grabx.png

まとめ ここで使ったBlenderの機能

Meshの全体移動 Rotate
Meshの追加 PlaneをAdd->辺をExtrude,面をはる
Meshの変形 Grab,拡大縮小,頂点の結合
これらを駆使してとりあえず胴体らしきものを作りました
torso.png
次のページでは脚を作ろうとおもいます…Blenderでのモデリングをやってみよう2...胴体から手足を生やす

サポートサイト Wikidot.com