Blenderのモデリング

blender-modeling.png
Blenderでは合計5種類のモデリング方法があります。
Mesh 3つまたは4つの頂点(Vertex)で定義された面(Face)によって構成される
Curve NURBS面によるオブジェクト つまり数式のようなもので定義された面
Surface ベジェまたはNURBSによる曲線描画
Metaball お互いが吸着・反発しあうボール状のオブジェクト。粘土みたいにモデリングする
Text 3Dフォント文字を作る

Surface以外はどれもMeshに変換可能です。
つまりMeshが一番基本のモデリングフォーマットということです。

モデリングの始め方 2通り

Poly-by-Poly モデリング 1枚の板や頂点からはじめてそれをExtrude(押し出し)して増やして作る方法
Box モデリング 1個の立方体から始めてSubdivision(細分割)し、カットして思い通りの形に整形する方法

モデリング 大体の流れ

  1. 下絵となる正面図と側面図を用意する
  2. ワークスペースの画面を作業しやすいように分割する

Poly-by-Polyモデリングの場合

  1. 初期画面のCubeをDeleteする
  2. 1枚板を追加する
  3. ミラーモディファイアを追加する
  4. ミラーモディファイアのClipingをONにする
  5. 頂点選んでExtrudeして,Fillしてどんどん面を増やしていく

Boxモデリングの場合

  1. 初期状態にあるCubeに合わせて背景絵の位置を調節する
  2. WキーでSpecial Menuを呼び出しSubdivide Smoothする
  3. Boxの縦横比を胴体に合わせて調節する
  4. 面をExtrudeして脚を生やす
  5. 左側のポリゴンをXキーで除去する
  6. ミラーモディファイア追加
  7. SubSurfモディファイア追加

サポートサイト Wikidot.com