Blender キー操作

blender-key.png

Blenderの場合、キー操作は
ショートカットキーというよりかは、メニューが多岐で複雑すぎるので、
キー操作を覚えたほうが格段と作業がしやすくなります。
チートシートを片手に作業をやる人も多いみたいです。

テンキーで視点切り替え

オブジェクトが思ったとおりの形になっているかどうかは、色々な方向から見ないといけません。
そんな時、視点の切り替えにはテンキーが便利です。
Ctrl+
0 カメラビュー
. 選択オブジェクトにフォーカス
1 正面(フロントビュー) 背面図
2 下方向に15度ずつ回転
3 左横から(レフトサイドビュー) 右横から
4 右方向に15度ずつ回転
5 投資投影・平行投影の切り替え
6 左方向に15度ずつ回転
7 真上から(トップビュー)
8 上方向に15度ずつ回転
+ ズームイン
- ズームアウト

その他のキー操作

3DView上 Editモード時
Del オブジェクトの削除
Tab Editモードに切り替える
Shift+A 新たなオブジェクトを追加
Shift+C 3Dカーソルを中心に持ってくる
A 全選択 全選択
B 矩形範囲選択
E Extrude(押し出し)
G Grab
L カーソル付近にある頂点、辺、面に繋がるメッシュを全部選択
N プロパティパネルの表示 数値で指定
X オブジェクトの削除
Ctrl+R 真ん中にピンクのラインを出す ループ分割
S スケール
Z ワイヤフレームとSolidモードの切り替え

ノートPCでテンキーがついていない場合

情報バーのFileからUserPreferenceを開いて、Inputタブにある[Emulate Numpad]をONにして下さい(左の方にあります)。
普通の数字キーがテンキーと同じ役割で使えるようになります。

User Preference->Input

Blender-ショートカットキー チートシート

モデリング中に便利なキー

Z Viewport Shading(Solid,Wireframe)モード切り替え

オブジェクトの回転

キーボードで命令すると確実

R,X,90

Rotate adounr Xaxis 90°
X軸を中心に90°回転せよ
という意味である

リンク

フリーの3DCGソフト『Blender』を使った短編作品『Tears of Steel』

サポートサイト Wikidot.com