Blender Custom Filter

最終更新日22 Jun 2017 07:22

Blender Game EngineのActuatorのFilter 2Dで指定できるCustom Filter
これを使うとGLSLのソースコードをそのまま渡してポストプロセッシング的なことができます
私がはじめてこれの存在を知ったのはSSAOのことを調べてた時[1]のページの.blendファイルからでした。
中を見てみると、あらかじめ使えるユニフォーム変数があるっぽい。
全部でどのぐらいのユニフォーム変数が使えるんだろ?調べても出てこないのでBlenderのソースコードを見るしかなかった。
検索してみたら場所的には

blender-2.78c\source\gameengine\Rasterizer\RAS_2DFilterManager.cpp

に記述がありました。

  • bgl_RenderedTexture
  • bgl_DepthTexture
  • bgl_LuminanceTexture
  • bgl_TextureCoordinateOffset
  • bgl_RenderedTextureWidth
  • bgl_RenderedTextureHeight

あとはソースコードの記述を見ていくと、どうやら「Add Game Property」で追加したものはユニフォーム変数として渡されるようだ。

Bibliography

post-processing


ファイル

サポートサイト Wikidot.com post-processing