Anttweakbar

anttweakbar.png
twsimpleglut.jpg

ドキュメント

AntTweakBarとは?

OpenGLでもDirectXでも使えるGUIツールです。

感想

やっぱり、どうしてもコールバック関数が必要になってしまうのが気に入らない。
どの変数をどのGUIに結びつけるかを設定できる。
WinAPIとも両立可能だった^_^v
こんなふうにする

インストール手順

ダウンロード場所

http://www.antisphere.com/Wiki/tools:anttweakbar:download
いつものように、ダウンロードした.zipを展開して
include やlibを所定の場所におく。
.dllはWINDOWS\System32 の下に置く。

step2

TwInit(TW_OPENGL, NULL);
などとコードのどこかに書いてエラーはないか?なかったらOK!

チュートリアル(はじめの一歩)

howto
グローバル変数として

TwBar *myBar;

を宣言して

main()関数で

TwInit(TW_OPENGL, NULL);

myBar = TwNewBar("NameOfMyTweakBar");

の手順を踏み、

display()関数の中に、TwDraw();

glClearColor(background[0],background[1], background[2], 1.0f);
glClear(GL_COLOR_BUFFER_BIT);よりも後かつ、行列演算の前だよ。

すると空のメニューが画面の左上に作成されるはず。
    void CreateTweakBars(){
        glutMouseFunc((GLUTmousebuttonfun)TwEventMouseButtonGLUT);
        glutMotionFunc((GLUTmousemotionfun)TwEventMouseMotionGLUT);
        glutPassiveMotionFunc((GLUTmousemotionfun)TwEventMouseMotionGLUT); // same as MouseMotion
        glutKeyboardFunc((GLUTkeyboardfun)TwEventKeyboardGLUT);
        glutSpecialFunc((GLUTspecialfun)TwEventSpecialGLUT);
        TwGLUTModifiersFunc(glutGetModifiers);
        TwBar *bar; // Pointer to the tweak bar
        // Create a tweak bar
        bar = TwNewBar("TweakBar");
        TwDefine(" GLOBAL help='This example shows how to integrate AntTweakBar with GLUT and OpenGL.' "); // Message added to the help bar.
        TwDefine(" TweakBar size='200 400' color='41 126 231' "); // change default tweak bar size and color
 
        // Add 'g_Zoom' to 'bar': this is a modifable (RW) variable of type TW_TYPE_FLOAT. Its key shortcuts are [z] and [Z].
        TwAddVarRW(bar, "Zoom", TW_TYPE_FLOAT, &g_Zoom, " min=0.01 max=7.5 step=0.01 keyIncr=z keyDecr=Z help='Scale the object (1=original size).' ");
 
    }

サポートサイト Wikidot.com