Android Thread

android-thread.png

Android DDMSでスレッドの様子を見る

android-thread.png
このアイコンのあるタブをクリックだ!

ID

DalvikVMに割り当てられたユニークなスレッドID。
デーモンスレッドは、アスタリスク(*)で示されます。

Status

スレッドの状態を示します

Native ネイティブコードを実行中
VmWait VM リソースで待機中
Runnable
running アプリケーション実行中
Wait Object.wait() にある
unknown
zombie スレッドが終了中のプロセスにある
sleeping Thread.sleep() が呼び出された
monitor モニタのロックの獲得を待機中
init スレッドが初期化中 ( これを見ることはありえない )
starting スレッドが開始中 ( これも見ることはありえない )

utime…このスレッドがユーザコードを実行した累積時間。これはLinux直下のプロセスのみ利用可能です。
stime….このスレッドがシステムコードを実行した累積時間。これはLinux直下のプロセスのみ利用可能です。

Name
Thread::setName("文字列");

を呼んでつけた名前のこと
あるいはコンストラクタで指定することもある
class MyThread extends Thread{
 MyThread(){
    super("スレッドの名前");
}
}

デフォルトで存在するスレッド

Androidのバージョンによっても出てくるスレッドは異なる
以下はAndroid3.1の場合に出てくるスレッドを上げる

名前 意味・役割
main
HeapWorker
GC ガーベッジコレクタ Android 2.3以降に登場JITコンパイラと関係する
Signal Catcher
JDWP Java Debug Wire Protocol
Binder Thread #1
Binder Thread #2

android ddms thread

サポートサイト Wikidot.com androidddmsthread