Android Test Commandline

android-test-commandline.png

android create test-project -m <main_path> -n <project_name> -p <test_path>

Flag Value Description
-m, —main テストにかける対象となるプロジェクトへのパス。たとえば、source/HelloAndroidがテスト対象で, source/HelloAndroidTestというテストプロジェクトを作りたいと思っているならば -mainオプションは ../HelloAndroidとなります。AndroidManifest.xmlが存在するディレクトリを指定しましょう
-n, —name テストプロジェクトにつける名前
-p, —path 新しいテストプロジェクトを置く場所。android toolはここで指定されたディレクトリにテストプロジェクトのファイルなどをおきます。もし指定された場所が存在しなかったらあたらしくフォルダを勝手に作ってくれます。

もしmainオプションを間違えて指定したらこんなエラーが出ることがあります

Error: Main project's directory does not exist: ディレクトリ名

うまく出来上がるとこんなフォルダ構成&ファイルが出来上がります。
made.png
普通のAndroidプロジェクトと目立ってちがうところは、ant.propertiesbuild.xmlですね。
  • ant.properties….テスト対象のプロジェクトがどこなのかが記述してある
  • build.xml….andビルドファイル
Bibliography
1. Testing from Other IDEsAndroid公式

サポートサイト Wikidot.com