Android Studio見た目

android-studio-appearance.png
Pinned Mode 「ツールウィンドウ」を表示しっぱなしにするモードです。このモードがOFFになっていると,フォーカスが他のツールウィンドウやエディタに移ると,そのツールウィンドウは自動的に閉じます。
Docked Mode 「ツールウィンドウ」がせり出す(エディタ部分を押し出す)ように表示するモードです。"Docked Mode"がOFFだと,ツールウィンドウはエディタ部分に重なって表示されます。
Floating Mode 「ツールウィンドウ」をAndroid Studioから切り離して表示するモードです。"Floating Mode"の場合,Android Studioの接地面は不要なので表示する「ツールウィンドウ」の数に制限はなくなります。「Preferences / Appearance」の「Use transparent mode for floating windows」で「ツールウィンドウ」が非アクティブの時の透明度を設定できます。

"Quick Documentation"でポップアップ表示されるJavadocなどのドキュメントブラウザは,右上端のピンを外すとFloating Modeのツールウィンドウ(「Documentationツールウィンドウ」)になります。透明度設定は全てのFloating Modeに影響があるため地味にストレスです。

実装を参照する "Quick Definition" のポップアップはツールウィンドウではないため,透明度指定の影響を受けません(なんかズルイ)。

ついでになりますが,透明度を設定できるのはFloating Modeのツールウィンドウだけで,エディタに対しては透明度指定はできません。

Split Mode 「ツールウィンドウ」と言うより「ツールボタン」の配置場所を指定します。"Split Mode"は「ツールウィンドウ」が"Floating Mode"だとあまり意味がありません。

サポートサイト Wikidot.com