Androidのヒープ

android-heap.png

ヒープとはメインメモリのことである これを使いすぎるとアプリが落ちる
なので、調べる必要があるのだ

DDMSでヒープの状態を見る

android-heap.png
DDMSを使えば、アプリを使用している時にどのくらいヒープメモリを使っているのかがわかる。
この機能を使うためには、以下のステップを踏む必要がある。
Step1.デバイスタブにて、ヒープのメモリ状況を見たいプロセスを選ぶ。
デバイスタブはこれ
device.png
Step2.プロセスを選んだら、UpdateHeapボタンを押す
updateheap.png
Step3.プロセスの横に、緑の円柱のマークがついたら、ヒープを見るのが有効な状態になっている
enableheap.png
Step4.今度は右のHeapタブにうつって、Cause GCというボタンを押す これでガーベッジコレクションをinvokeするらしい。
causegc.png
ボタンを押すと、色々と情報が出てくる。

アプリケーション内で色々と操作して、メモリの状況が変わったと思ったら、もう一回Cause GCボタンを押すと、状況が更新される。
Typeの列のそれかをクリックすると、下に棒グラフが出てくる。
この棒グラフは、何個のオブジェクトが何バイト割り当てられたかを示している。


ddms

サポートサイト Wikidot.com ddms