Hello World

android-gettingstarted.png

前回のステップ

環境開発の構築で環境構築する
このページを書いた時の実行環境
Android Developer Tools v22.0.5-757759

1.SDK-Managerで端末に合ったSDK toolを入手する

Eclipseの上の方のメニューの赤で囲ったところをクリックするとSDK Managerが開く
sdkmanager.png
開いたら、自分の端末のバージョンに合ったSDKをインストールする
adkmanager.png

端末が接続されてるかチェック

Eclipse->Window->Open Perspective ->DDMS

を開いて、端末が接続されてたら、何かでてくるはず。
接続されてなかったら、各々のメーカーからドライバを入手してこよう。
recognize.png
DDMSの画面でこんな風に出てきたら無事認識されたということだ。

Android プロジェクトを立ち上げる

参考にしたページ[2]
コマンドラインからプロジェクトを立ち上げる場合はCreate a Project with Command Line Tools参照
このボタンを押す。
newproj.png

File->New->Project

でも同じ画面にたどり着ける
selectwizeard.png
Select Wizardで

Android->Android Application Project

を選ぶ。
選んだら、Nextボタンを押す。

New Android Application

各項目に適切なものを記入する。

  • Application Name…ユーザーに見える部分の名前。仮に"My First App."とつけるとする。
  • Project Name…これから出来上がるプロジェクトのディレクトリ名にもなる。Eclipseから見える名前。
  • Package Name…Application Nameにもし「MyFirstApp」と記入したら、自動的にcom.example.myfirstappと書かれる。Javaのパッケージ命名規則に従っている。このパッケージ名は端末にインストールされるすべてのAndroidアプリの中で唯一の名前でなければならない。なので、自分の所属する組織のドメインの逆さがよく使われるのだ。ここではcom.exampleとしてあるけど、Google Play上ではcom.exampleのネームスペースを持つアプリは載せられない。.
  • Minimum Required SDK….あなたのAndroidアプリで必要な最小限のSDK(API level).
  • Target SDK….あなたのAndroidアプリで必要な最高レベルのSDK

こんなかんじにしてみた
newandroidapp.png
次の画面ではデフォルトのままでokNextボタンを押す
step2.png
次はこんな画面になる
icon.png
アイコンのデザインに関してはこのページに決まりが記されている。
テストアプリなのでとりあえずこのままにしよう。
次はこんな画面になる。
icon.png
とりあえずBlank Activityを選ぼう。そしてまたNextボタンを押す。
次の画面も、デフォルトの状態のままNextを押す
b-2.png
次のステップは[android-running-your-app このページ(アプリを実行する)]

遭遇したエラー

ターゲットに何も出てこない!?

target.jpeg

解決策

Android SDK Managerで適切なSDKをインストールしてみよう。

サポートサイト Wikidot.com