Androidでのデバッグの仕方

android-debug.png

文字出力

System.out.println("");は使えなくなる。
代わりに、

import android.util.Log;
 private static final String TAG = "MyActivity";
Log.d(TAG,"miffy");

で出力する。と、LogCatの画面で見れる。LogCatを出したかったら、Window>Whow View>LogCat で表示できる。
この画面の自分でつけたタグのところに自分のメッセージが現れる。
  • 注意
  • LogCatのタブに
    • Verbose
    • debug
    • info
    • warn
    • error

を選べるドロップダウンメニューがある。それはおのおのLog.dやLog.vに対応している。から気をつけて。
つまり、Verboseにしてあるとき、Log.dで出力したメッセージは見れない。

対数で表示するのをやめさせたい

String.format("%1$3f", 小数)

ランタイムエラーを見破る!

Log.d()の第3引数にException]オブジェクトを渡せば、printStackTrace()できるのだ!
そして、赤い文字のところを押せば、どの関数で起きたのか、その場所に連れてってくれる。
赤い文字だからってビビることはない。

Assertしたい

Androidの公式ページにAssert()らしきものがあるけど
今度使ってみよーっと

package com.hiramine.asserttruesample;
 
import junit.framework.Assert;
import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
 
public class AssertTrueSampleActivity extends Activity
{
    /** Called when the activity is first created. */
    @Override
    public void onCreate( Bundle savedInstanceState )
    {
        super.onCreate( savedInstanceState );
        setContentView( R.layout.main );
 
        Assert.assertTrue( false );
    }
}

debug log

サポートサイト Wikidot.com debuglog