環境光ambient

最終更新日15 Jun 2017 00:09

ambient.png

上の図はambientだけレンダリングした状態。
最も簡単な環境光の近似では、ambient=1色ベタ塗り。つまり定数です。これだと局所照明モデルになります。
なので、このように立体感の無い描画結果になる。
CGではこれにdiffusespecularを加えることにより、立体的になる。

環境光の定義

物体に直接光が当たらない影や陰の部分は、真っ暗にならずにわずかに明るくなっている。
これは、光源から出た光が物体面で反射を繰り返し、その光がまた物体面を照らしているためである。
このような光を近似したものが環境光である。

どのようにモデル化されているか?

一様な光としてモデル化されている。

vec3 ambient=環境光に対するマテリアルの反射率*環境光の強さ;

これ(ambient)は環境光によって照らされた時の物体面の明るさを示している。
Ka
環境光に対する反射率
ambientLight
環境光の強さ

環境光は間接光を近似した光として考えることもできる。
この間接光をもっと精度よく計算する方法がラジオシティ法である。


ファイル

サポートサイト Wikidot.com