Albedo

最終更新日17 May 2017 01:59

アルベドとは?

面のパラメータの一種。
スペキュラーや陰影を取り除いた素材本来の色味のこと
ベースカラー,拡散色、拡散反射率とも呼ばれる。
入ってくる光に対して、面がどのぐらいの量の光を反射するかという数値

(1)
\begin{align} albedo = \frac{反射光}{入射光} \end{align}

世の中に存在する物質のalbedoの平均値は18%
なのでalbedoの値がわからなかったらとりあえずデフォルト値として18%を設定しておくとよい。
0以上1以下の値で、
見る角度によってかわる。なので$f_0,f_45,f_90$みたいに、0~90度の範囲の引数をとる関数として表現される。

アルベドカラーを知るためには?

カメラに偏光フィルター(ポラライズ)を使って写真を撮ると
カメラのレンズに隠れている光線(specularみたいなテカテカ)を除去することができて、
狙ってる色を取得することができる。
さらにカラーチャートと一緒に物体を撮影して、カラーチャートと照らし合わせることにより色の調整をする[2]
さらに、光源にも偏光フィルターを挟むとcross polarization 交差偏光になってより一層素材本来の色がとれるらしい。
どうやってか知らないけどアンビエントオクルージョンも排除する

Bibliography
2. Physically Based RealTime Rendering for Artists…アーティスト向けに物理ベースのリアルタイムレンダリングを紹介した解説映像!


ファイル

サポートサイト Wikidot.com