Blenderで3D文字の作り方

3d-text.png

Blender->Add->Text

を選ぶ
blendermenu.png
これを選ぶと、最初はTextという文字が現れる
text.png
文字の内容を変えるにはTabを押す
Tabを押すと、こんなかんじで右端に棒が出てきます。
今回は私は#マーク付きのエラーのページの表紙絵を作るために、#errorという文字にしました
sharp.png
入力し終わったらもう一回Tabを押します
tabbed.png
さて、このままだと平べったいので立体的にしたいものです
文字を立体的にするには、右の方にあるメニューのFと書いてあるタブを選び
その中にある」Extrudeという数値をいじります
Extrudeは英語で押し出す、突き出すという意味です
extrude.png
すると、このように文字が立体的になります
depth.png

 文字の色を変えるには

右端のメニューにある、Fの隣のMaterialを選びます
Materialは物体の材質という意味です。
material.png
まず、「+ New」と書いてあるところを押します
すると、次のような画面になり、
色を変えるにはdiffuseというところを押します。
diffuseは拡散光という意味です
物体の材質の特性のうち、「光の吸収特性」というものがあります。
リンゴのように、緑の波長の光を吸収する物体は、赤に見える。など
物体の光属性も、ambient(物体の陰部の色),diffuse(全体の物体の色),specular(ツヤッとした光)のうちのひとつが
物質の拡散光特性です。
これを変えれば、物体のメインの色が変えられるわけです
diffuse.png
色を変えてみます。MiffySoraのページのテーマカラーの色に変えてみました
changecolor.png

フォントを変えるには

右端のFと書いてあるタブを押すといろいろ設定がいじれます
font.png

Ice

Ice

サポートサイト Wikidot.com